横浜市を中心に神奈川県専門
過払い金を取り戻すためのサイト

トップページへ
過払い金返還請求のデメリット

1.ブラックリストに掲載される(される可能性がある)

ブラックリストとは、金融事故を起こしてしまった方の情報が記録されるものです。 金融事故とは、支払の長期延滞や債務整理をした事実などをいいます。 過払い金返還請求とブラックリストの関係は、次の2つのケースにわけて考えます。

@過払い金返還請求する会社に対し、借金が残っている⇒原則ブラックリストに登録されます。

A過払い金返還請求をする会社に対し、借金がない(完済している) ⇒金融事故でなないと考えられます。完済していて、法律上払い過ぎの計算になる額の返還を請求するだけだからです。

その一方、 ブラックリストに登録される可能性があるのも事実です。

ブラックリストに登録されるとどうなりますか?
5〜7年間、お金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。
現在利用中のクレジットカードで、過払い金請求しない会社のものも利用できなくなる可能性が高いと思われます。

ブラックリストへの登録は消せませんか?
原則、5〜7年間は消すことができないと考えられます。
ただし、次の状況の場合は消すことができるかもしれません。
・借金を完済したのち、過払い金を請求した場合⇒この場合、金融事故(借金の返済ができなくなったなど)ではないと言えます。
金融事故扱いでブラックリストに登録されたことに反論して、登録を消してもらうことを主張する方法があります。

▲このページのトップへ






メニュ

トップページ
過払い金とは
過払い金の実例
過払い金返還までの流れ
3つの特長
実例 実績
過払い金返還請求のデメリット
過払い金返還請求の費用
お断りする場合
ご相談者の声
よくある質問
無料相談のご利用
プロフィール
スタッフ紹介
事務所の地図
事務所概要

▲このページのトップへ
▲トップページへ戻る